hamachan.info カテゴリーへ
トップ | ログイン
カテゴリ:Word( 52 )
|▲TOPへ
   

縦中横(たてちゅうよこ)の[すべて適用]は同じ文字列のみに適用
2018年 11月 28日
Word2007までは、文書内の横向きの半角数字は一括して変更することができていました。
Word2010では、その仕様が少し変わりました。一括して変換できるのは、同じ文字列のみになりました。

以下のように横書きで入力したものがあります。
数字は半角英数です。
f0215590_12124780.png
縦書きにします。
「ページレイアウト」タブの「縦書き」をクリックします。
f0215590_12161344.png
以下のようになります。
そして、「28」の文字列を選択して、「ホーム」タブの「縦中横」をクリックします。
f0215590_12263148.png

「縦中横」ダイアログボックスで「すべて適用」をクリックします。
f0215590_12294121.png
次のメッセージウィンドウで「すべて変更」ボタンをクリックします。
f0215590_12304932.png
「28」の文字のみが変換されます。
f0215590_12321944.png

以下は、「1」を選択して、上記と同じように「すべて適用」、「すべて変換」をクリックした状態です。

f0215590_12382814.png

by office2010 | 2018-11-28 12:39 | Word |▲TOPへ
   

図形の複製コマンド「Ctrl+D」で位置が揃わない
2018年 07月 03日
「Ctrl」+「D」というショートカットキーは、図形を移動した位置と同じ間隔で複製できるものです。
古くからある機能です。

PowerPointや、Excel、Wordで使用することができていました。


今日、Wordで図形を挿入した後、この「Ctrl」+「D」を使って図形を複製しようとしたのですが、図形をコピーすることはできても、位置が揃いません。

いろいろ試してみると、Word2007までは、このショートカットキーで複製ができました。位置揃えができていました。
以下は、Word2007で「Ctrl」+「D」を使って図形を揃えたところです。
f0215590_12304510.png

Word2010、Word2013、Word2016では、「Ctrl」+「D」では位置が揃わなくなっています。
以下はWord2010で同じ操作をしています。Word2013、Word2016でも同じです。図形の貼り付けはできても、位置が揃いません。
f0215590_12424017.png

Excelは、Excel2010以降でも位置が揃います。
PowerPointも、PowerPoint2010以降でも位置が揃います。
以下は、Excel2016で「Ctrl」+「D」を使って操作しています。
f0215590_12445668.png

by office2010 | 2018-07-03 12:47 | Word |▲TOPへ
   

文例ウィザードの起動方法
2017年 07月 23日
Word2010のテンプレートの中には有用なものがたくさんあります。Word2003の「文例がいっぱい」で使用している「文例ウィザード」の起動方法です。

「ファイル」タブをクリックして、「新規作成」をクリックします。そして、「サンプルテンプレート」をクリックします。
f0215590_19125533.png
「サンプルテンプレート」を開くと、かなり下のほうになりますが、「文例ウィザード(その他)「文例ウィザード(社外)」「文例ウィザード(社内)」がありますので、この中から目的のものを選択してダブルクリックします。
f0215590_19132635.png
または、右側にある「作成」ボタンをクリックします。「ドキュメント」が既定で選択されていると思いますが、それはそのままでOKです。
f0215590_19222031.png
下のようなウィザードが起動されます。Word2003とは、少しデザインが違っていますが使い方は同じです。
f0215590_19245505.png
使い方については、以下の記事を参照されてください。

Word2007での起動方法は以下の記事で解説しています。


残念ですが、Word2013以降、文例ウィザードの提供は廃止されたようです。


by office2010 | 2017-07-23 19:26 | Word |▲TOPへ
   

図形に合わせてトリミングした画像は保存できない
2016年 10月 09日
Wordで文書に挿入した画像をトリミングして保存するには、画像で右クリックしてショートカットメニューの「トリミング」をクリックしてトリミングした後、
f0215590_22521651.gif
「書式」タブの「画像の圧縮」をクリックしてトリミング部分を削除して、
f0215590_22524800.gif
画像で右クリックして「図として保存」をクリックすると、トリミングした状態で保存することができます。
f0215590_22530031.gif
でも、「書式」タブの「図形に合わせてトリミング」した画像は右クリックして
f0215590_22532700.gif
「図として保存」をクリックしても、トリミングした状態で保存することはできません。
f0215590_21350680.png

スポンサーリンク

どうしても図形に合わせてトリミングした画像を保存したい場合は、一度 図形に合わせてトリミングした画像をコピーして、図として貼り付け、
f0215590_22542244.gif
その貼り付けた画像を右クリックして右クリックして「図として保存」をクリックすると、トリミングした状態で保存することができます。
f0215590_21402863.png
Word2010で解説していますが、他のバージョンでも同じです。
画像を編集して保存したいのであれば、PowerPointで編集されることをお勧めします。

関連ページです。

また、Windows8.1、Windows10のWord2013、Word2016では、画像をドラッグ アンド ドロップで挿入すると、図形に合わせてトリミングは操作できません。
Office2007以降であれば、拡張子をzipに変更して、画像を取り出すことができます。大量の画像を簡単に取り出すことができます。

by office2010 | 2016-10-09 23:05 | Word |▲TOPへ
   

表のタイトルの繰り返し
2016年 03月 02日
表が複数ページに渡る場合、表のタイトル行を2ページ以降にも表示することができます。

表のタイトル内にカーソルを置いた選択した状態で「レイアウト」タブの「タイトル行の繰り返しをクリックします。
f0215590_23592090.gif
できました(^▽^)/ 知ると嬉しいボタンです。
f0215590_23544190.gif
以下の記事でも解説しています。


by office2010 | 2016-03-02 23:57 | Word |▲TOPへ
   

セル内の行間を詰めたい
2015年 09月 29日
Wordで表のセルの高さを縮めたい、という質問を受けました。よく聞くと、Wordで表を作成して、セルに文字列を入力したけど、できるだけセルの高さを小さくしたいと。これは、本当によくある質問です。

解決するには、文字のフォントサイズを小さくするか、行間を詰めるか、ですね。

行間を詰めるには、以下の方法が簡単です。
セル内にカーソルを置きます。
f0215590_22153375.gif

「ホーム」タブの「段落」グループにある「ダイアログボックス起動ツールボタン」をクリックします。
f0215590_2217820.gif

「段落」ダイアログボックスを表示されます。
「間隔」にある「1ページの行数を指定時に文字をグリッド線に合わせる」のチェックボックスをオフにして、「OK」ボタンをクリックします。
f0215590_22193714.gif

下のように行間を詰めることができます。
f0215590_22201514.gif

隣のセルも同じ操作をします。セルの高さは小さくなりますね。
f0215590_2221920.gif
段落でも使える機能です。

以下のページで解説しています。


by office2010 | 2015-09-29 22:27 | Word |▲TOPへ
   

挿入した画像が動かせない
2015年 09月 27日
Wordに挿入した画像が動かないんだけど・・・と、時々 質問を受けます。

Excelでは、挿入した画像はドラッグで自由に動かせるのに、Wordに挿入した画像はドラッグで動かせないの?
ということなんですね。

Wordでは、画像を挿入すると、「文字列の折り返し」が「行内」になっているからです。画像をドラッグで移動させるには、ちょっとひと手間必要です。

「挿入」タブから「図」をクリックします。
f0215590_15212157.gif

画像がカーソルの位置に挿入されます。
f0215590_15214863.gif

画像で右クリックして、ショートカットメニューから「文字列の折り返し」をポイントすると、「行内」になっているのが確認できます。
f0215590_15224797.gif

挿入した画像をドラッグで自由に動かせるようにするには、この「文字列の折り返し」で「四角」や「前面」を選択するといいです。
f0215590_1524332.gif

図形の場合は、既定で「前面」になっているので、挿入後 すぐにドラッグで自由に動かせます。
f0215590_1525572.gif

f0215590_15251648.gif

画像の挿入時に「行内」ではなく、「四角」や「前面」に変更することもできます。
「ファイル」タブをクリックして、「オプション」をクリックします。「Wordのオプション」ダイアログボックスを表示します。「詳細設定」の「切り取り、コピー、貼り付け」にある「図を挿入/貼り付ける形式」から、「四角」や「前面」を選択します。
f0215590_15301899.gif

ただ、この設定にすると、表を挿入してセル内に画像を挿入するときは面倒かもしれません。
以下の記事を参照してください。

既定の「行内」にしておいた方がいいのか、「四角」や「前面」にしたほうがいいのかは、画像を利用する場面はどういう時が多いのかにもよりますね。ただ、オプションで設定したら、設定したことを覚えておいてくださいね。
by office2010 | 2015-09-27 15:37 | Word |▲TOPへ
   

文字数をカウントしたい
2015年 07月 11日
Word2010を使用されている方から、「入力した文字数を簡単に知ることができたと思うけど、どこだっけ?」と質問がありました。

「校閲」タブの「文章構成」グループに「文字カウント」あります。
f0215590_22153534.gif

また、ステータスバーにも表示されます。
f0215590_2246797.gif


範囲選択して、ボタンをクリックすると、範囲内の文字数をカウントすることができます。


この文字カウントという機能は、タイピング練習にも使用できます。
私がパソコン教室に行っていたとき、毎回タイピング練習があって、10分間で何文字入力できたかを、この「文字カウント」機能を使って記録していました。

あーーー、懐かしい。(^_^)

by office2010 | 2015-07-11 22:28 | Word |▲TOPへ
   

図形がドラッグで動きません
2015年 07月 10日
Word2010で表のセルに挿入した図形を動かすことができません、との質問がありました。

今日は、実際の画面をみることができる方でしたので、さっそくそのトラブルを実現してもらいました。

下の画像のように表のセル内に挿入した図形をドラッグで移動させることができないということでした。
f0215590_1174838.gif


文字列の折り返しで「行内」を「前面」に変更してもらいました。
f0215590_1145968.gif

解決です(^_^)

長年の経験で「図形が動かない」という質問の場合、「文字列の折り返し」が「行内」になっていることが多いんですね。今回も予想どおりでした。

図形を挿入した場合、文字列の折り返しの既定は「前面」になっています。おそらく、何かの拍子に「行内」になったのだと思います。

画像を挿入した場合、文字列の折り返しの既定は「行内」です。画像を挿入した時の貼り付ける形式は変更することができます。


by office2010 | 2015-07-10 01:13 | Word |▲TOPへ
   

段落番号の書式が追加
2014年 08月 17日
Word2010では、下のような番号書式が使用できるようになっています。

f0215590_324969.gif

以下の記事で解説しています。


by office2010 | 2014-08-17 03:29 | Word |▲TOPへ
   




Office2010の便利な使い方を紹介しています。[初心者のためのOffice講座 hamachan.info]のサポートブログです。
by はま
サイト内検索
記事ランキング
最新の記事
縦中横(たてちゅうよこ)の[..
at 2018-11-28 12:39
図形の複製コマンド「Ctrl..
at 2018-07-03 12:47
文例ウィザードの起動方法
at 2017-07-23 19:26
スライドショー実行時のショー..
at 2017-04-06 17:14
コントロールウィザードを使用..
at 2017-01-20 12:23
図形に合わせてトリミングした..
at 2016-10-09 23:05
ファイルのパス
at 2016-09-30 00:46
グラフの線の追加
at 2016-08-26 21:46
スライドの向きを縦にするには
at 2016-08-26 19:38
スライドマスタではなくスライ..
at 2016-04-06 18:19
リンク
検索
外部リンク